2013年09月29日

2013年09月13日

TESの宇宙論

http://www.imperial-library.info/content/cosmology
より、翻訳。

Cosmology

宇宙論

Michael Kirkbride 著



惑星とは何か?
惑星は神々であり、神々の次元である。そして、それは同一のものである。つまり、球状の天体としての顕現は、定命の精神的な緊張によって引き起こされた視現象である。それぞれの次元(惑星)は無限の体積からなる無限の質量をもち、 the Void of Oblivionに囲まれ、定命の目には宇宙の泡として検知しているままであるためだ。惑星は不可思議かつ途方も無い。八つの惑星はEight Divinesと一致する。それら全てはDwarven Orreryに存在する。定命の惑星である、Nirnに加えて。



Nirnとは何か?
 Nirn(Ehnofexで「Arena」)は、Lorkhanが神々を騙し/説得し/強制して定命の次元を創造せし時の始まりに、全ての神の惑星から作られた、物質と魔力で構成される有限な球である。Nirnは定命の次元であり、定命の惑星であり、そして、それは同一のものである。その創造は宇宙の均衡を狂わせた。現在、すべての魂(特にAedra―Daedra/Gods―Demons)はNirn(特に、その星の心臓たる、Tamriel)に関心を持っている。



月とは何か?
 小さな惑星。他と比較する限りでは、無限の体積からなる無限の質量はより小さい可能性があり得る。惑星は軌道がある。あるいは、少なくとも、月の軌道は定命の手によるものとされる。月は、己が神の惑星に従う霊魂、あるいは小さな神々、あるいは異国の神々であると様々な文化によって考えられている。Nirnの月は、MasserとSecundaである。月は、Dwarven Orreryには見受けられない。



MasserとSecundaとは何か?
 MasserとSecunda(Ehnofexで「Jone」と「Jode」)はNirnの月であり、定命の次元に従う霊である。現世に在り、定命性に結び付けられている対象という点において、それらは定命の次元のようである。;事実、月は死んでいる。それも太古に死んだものだ。月はかつて純白で影も無く、しかし今日のそれらの「肌」は朽ち果てつづけている。それらの次元も、同様に死んでいる。定命はこれを、球状の月の「表面」の所々が完全に侵食されてしまっていると理解している。月が回転すると、それらは薄くなり、あるいはやつれた三日月になるように見える。これらは影によるものではない。あなたは月の球の黒い部分を通して星を見ることが可能だからだ。



宇宙とは何か?
 宇宙はOblivionの表出である。黒く、虚ろで、定命の次元を囲んでいる。宇宙は無限ではあるが、OblivionがAetheriusによって「囲まれている」という点ではまるで惑星のように振る舞う。あなたは星という形でAetheriusを見ることができる。



星とは何か?
星はAetherius、魔力の次元への架け橋である。それらは、宇宙の内側の表面にあいた穴として理解されている。球の内部に存在するため、全ての星はNirnから等距離にある。大きめの星は、従って、定命の次元のより近くにあるわけではない。それらはOblivionのより大きな裂け目に過ぎない。Oblivionの最も大きな裂け目がMagnus、太陽である。



ならば、流星とは何か?
 誤称である。流星は物質と魔力の欠片であり、OblivionもしくはAetheriusから、時折宇宙を移動してくる。最大の流星は実際には独立した軌道をもつ惑星である。Rogue PlaneのBaan Darのように。



星座とは何か?
 星座は、星の集合体である。各々の星は魔力への架け橋であるからして、星座は非常に強力な現象であり、崇拝されている。通常、十三の星座が存在すると思われている。そのうち九つは完全に星から成り立っている。他の三つは守護星座と呼ばれ、各々はDominion Planetによって律されている。Dominion PlanetはAkatosh(Warriorの目)、Julianos(Sageの目)、Arkay(Thiefの目)である。最後の星座は星から成り立ってはおらず、Snakeと呼ばれている。



太陽とは何か?
 Magnusは太陽であり、Oblivion最大の穴、魔力への門である。Magnusは定命の次元の創造に参列しており、実際、その設計者であった(Lorkhanはその主唱者で鼓舞を行っていた)。有史以前(ME 2500、startyearの前)、Nirnは魔法的で、最初の定命にとっては非常に不安定な場所だった。Magnusはそれから去ったと、ある者たちは嫌悪感をあらわにして口にした。そしてOblivionはVoidにより虚無を満たした。彼の脱出は簡単ではなく、Magnusの断片は星として天空の中に残っている。



空とは何か?
 空、特に夜空は定命の精神的な緊張が引き起こす別の視現象である。空は、惑星と同じくらい途方も無い。本質的には、あなたが空を覗きこんでいるとき、「あなたは物質界の外側を覗きこんでいる」。夜になると、NirnはOblivionに包まれる。日中の空とは、太陽Magnusの色とりどりな元素の外套である。元素の影響力が上下することで、それは色を変える。かくして、日中の空を見るとき、その者たちはAetheriusの衣服を覗きこみ、魔力を見つめているのだ。



いかにして宇宙は創造されたか?
 Nirnの住人が宇宙と解釈する、霊の領域のこれらの現象はDawn Eraの間に始まったことである。それは魔法と神話によって作られ、この過程はここで言及するにはあまりに多すぎる様々な切り口で解釈されている。これらの神話はどこか他の場所で見つけることができるだろう。


posted by at 20:52| Comment(0) | TES Lore